お客様の心豊かな生活をご提案させていただきます
仏壇仏具墓石法事法要当日返し贈答品お問い合わせ117カード
よくあるご質問

仏壇・仏具について

Q1.  お仏壇はいつ購入すればよいのですか?
Q2.  お仏壇はどちら向きに置くのがよいのでしょうか?
Q3.  お仏壇は宗派によって違いがありますか?
Q4.  お仏壇を購入したらお魂を入れるのですか?
Q5.  お仏壇の価格の違いはどこにありますか?


墓石・墓地について

Q6.  墓地の永代使用権はずっと続くものですか?
Q7.  お墓はいつまでに建てたらよいのですか?
Q8.  お墓は頼んでからどれくらいで完成しますか?
Q9.  生前にお墓を建てることは良くないことでしょうか?
Q10.  お墓に彫る文字は決まっていますか?


法事・法要について

Q11.  法要の日時はいつ頃決めればいいですか?
Q12.  法要は命日に行わなければいけないのでしょうか?
Q13.  法要は自宅で行うものでしょうか?
Q14.  法要の当日は何を準備すれば良いでしょうか?
Q15.  法要の時の服装は喪服で良いのでしょうか?

お答え

仏壇・仏具について

Q1. お仏壇はいつ購入すればよいのですか?

初めてのご購入でしたら四十九日の忌明け法要までにお選びになるとよいでしょう。お仏壇を買うと新仏が出る、閏年に購入するものではない等は迷信です。大切なのはご先祖様をお祀りする気持ちで、「思いたったら吉日」の言葉通り購入しようと思ったときが一番良いときです。


Q2. お仏壇はどちら向きに置くのがよいのでしょうか?

一般的には南向き(南面北座)、東向き(西方浄土)などとよく言われますが、特にこだわる必要はありません。お仏壇を祀る気持ちを大切にしていただくことが大事です。ただし湿気の多いところや直射日光が差し込む場所は避けた方が良いでしょう。


Q3. お仏壇は宗派によって違いがありますか?

浄土真宗系ならば金仏壇、真言・浄土・禅宗系ならば唐木仏壇が好ましいです。例えば本願寺派は金の柱、大谷派は漆の柱といったように宗派専用の仏壇もあります。また宗派により御本尊様などお仏具に違いがありますのでお仏壇店やお寺様に確認しましょう。


Q4. お仏壇を購入したらお魂を入れるのですか?

新しくお仏壇を購入されて御本尊をお迎えになられたら法要を営んでください。俗に「お魂入れ」「開眼法要」といいます。またお寺様へは御礼として紅白の水引を用いて「開扉供養御礼」「入魂料」をお渡し下さい。


Q5. お仏壇の価格の違いはどこにありますか?

仏壇内部の細工が豪華であるなど見た目で判断できる部分と、使用してる素材や仕上げ方法による見た目では判断しにくい部分があります。一般的には価格の高い仏壇は良い素材や仕上げを用いているといって良いでしょう。ただし、お仏壇店によって金額の設定は様々です。良心的で親切なお仏壇店を探しましょう。




墓石・墓地について

Q6. 墓地の永代使用権はずっと続くものですか?

お墓を継ぐ承継者がいれば続きますが、承継者がいなくなると墓地の管理規定や規約によって、いずれ無縁仏となり、更地となる場合もあります。

Q7. お墓はいつまでに建てたらよいのですか?

お墓を建てるのに決まった時期はありません。ご先祖様や故人様の供養のためにお墓を建てるわけですから、ご希望であれば建てていただければ良いでしょう。一般的には、百ヶ日や彼岸、お盆、一周忌など、区切りの良いときに建てる方が多いようです。

Q8. お墓は頼んでからどれくらいで完成しますか?

当店の場合、ご契約を戴いてから2ヶ月くらいです。ただし、他の施工や加工期間の兼ね合いで3ヶ月程度かかる場合もございますし、早ければ1ヶ月で完成できる場合もございます。

Q9. 生前にお墓を建てることは良くないことでしょうか?

生前に建てるお墓のことを「寿陵(じゅりょう)」といいます。生きているうちにお墓を建てることは良くないといわれることがありますが、それは迷信です。寿の文字が表すとおり、おめでたいお墓です。

Q10. お墓に彫る文字は決まっていますか?

一般的には家の名前や名号を彫刻する方が多いようです。ご宗派や地域によって違いはありますが、墓石店にアドバイスをもらうとよいでしょう。またお寺様にご相談いただくのも良いでしょう。



法事・法要について

Q11. 法要の日時はいつ頃決めればいいですか?

故人様を丁寧に供養して、又参列される方にも失礼がないような法要を行うには準備が必要です。遅くとも2ヶ月ほどの準備期間はみておくとよいでしょう。

Q12. 法要は命日に行わなければいけないのでしょうか?

法要は、必ずしも該当日(忌日または命日)に行う必要はありません。ご家族や僧侶の都合に合わせ、早めに行っても構いません。ただし、忌日または命日よりも後にしないのがしきたりです。

Q13. 法要は自宅で行うものでしょうか?

法要は必ず自宅で行う必要はありません。寺院で行う場合もあります。最近では煩わしい準備や法要後に会食をする都合もあり、葬儀会館や法要専用の会場で行うことが多くなりました。

Q14. 法要の当日は何を準備すれば良いでしょうか?

法要には、故人の遺影や位牌、お供え物を準備します。また、参列いただいた方への御礼として粗供養を準備します。粗供養は一家で複数の人が参列しても一家に一つとします。品物はいくらあっても困らない実用的なものが良いでしょう。

Q15. 法要の時の服装は喪服で良いのでしょうか?

少なくとも三回忌までは、御遺族様は男女ともに正式喪服を着用します。それ以降はすこしづつ略式にしてもかまいませんが、どんな場合でも参列者より軽い装いにならないように注意しましょう。
店舗紹介

詳細地図

お問合せ

よくあるご質問

仏壇・仏具について
墓石・墓地について
法事・法要について

117カード